長く元気に働く為に大切なものは健康な体ですが、自分では気が付きにくい病気や不調を探る為に健康診断を定期的に受けることが必要です。企業に勤めておられる方は、法律によって就労環境の保全が定められていますので、企業側によって労働者が病院で健康診断を受けられるようにしなければなりません。一般的には、年に一回受診することになっています。しかし、企業からすると全ての社員がきちんと受診したかの確認をしなければいけませんし、また、病院側から通知された結果を管理しておかなければならないなど、手間や時間が多くかかることとなります。また、各種手続きや報告など知識も必要です。そこで、社内の負担を軽減する為にアウトソーシングするという手段が有効です。次に、どのようなメリットがあるのがご紹介します。

アウトソーシングで得るメリットとは?

まず、健康診断を社員全員が受けるために、どのようなことが必要となるでしょうか。企業で行う健康診断には、会社で集団受診する場合や、指定の病院へ従業員それぞれが予定をして行く場合、病院を選ぶところから従業員がする場合などがあります。集団では社内に居る人は受けやすくても都合が合わない人は受けられない、個々に受けると予定は入れやすくても積極的ではない従業員に受けてもらうことが大変だったり、全員が完了するまでの期間が長くなります。その為、どの方法をとっても受診を推進する社員の負担、また、病院の予約が面倒と感じる社員の負担を減らせるのがアウトソーシングのメリットです。例えばウェブサイトから簡単に病院の予約が可能になったりと社員からもメリットが感じやすいのではないでしょうか。

費用面でも効果が高いアウトソーシング

もちろん、健康診断は従業員が受診しただけで終了ではないのです。診断結果が保管し管理しなければなりませんし、医療機関とのやり取り、保険の手続きなど担当社員の本来の業務を圧迫する量でもあります。そこでアウトソーシングを活用することで、発生する業務を行う為の人件費が抑えられますし、本来の業務に集中でき、社内の生産性が上がるでしょう。また、専門家に任せることで手続きや病院との連携など、より高い信頼性が得られ、ニーズと予算に合わせた会社にとって最適な手段を提案してもらえます。受信後のフォローも含め社員の健康管理について安心して任せることで、心身ともに活力ある社員の育成が期待でき、コストのダウンとともに、業務の効率アップにも繋がることでしょう。健康診断などの管理が難しいとお考えでしたら検討してみてください。