企業の悩みの一つとして、従業員には健康で永く働き続けて欲しい。怪我や病気で長期休むことになると、仕事の流れや配置等様々な点で困ることが出てきます。また本にとっても長期休むことにより、仕事に支障をきたすことがとても辛いでしょうし、家族にも大変辛い思いをさせてしまいます。また早く病気を発見していれば、治療にも早くかかれますし、仕事復帰も早くできます。きちんと健康診断を受診することにより早期発見はもちろん、既往症の状態も企業で把握することができます。しかし、企業として健康診断を受診、管理するにも時間の余裕がなく困っていませんか。従業員の受診日程スケジュールが合わなくて困っていませんか。そのような業務を代行として行っているアウトソーシングに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

健康診断を従業員に漏れなく受診させるには

企業で、従業員の健康管理をするには大変な業務の一つです。健康診断は、入社時や業務内容によって受診する期間も異なっており、労働安全衛生法によって定められています。健康診断を受診するにはいくつかの方法がありますが、会社で集団受診する方法は、仕事の状況によって予約の時間に間に合わない従業員が現れる可能性があります。また会社で指定した病院で受診する場合は、個々の都合で受診できますが、全ての従業員が受診するまでに長期化することです。あとは個人で病院を予約し受診する場合は、長期化はもちろん積極的に診断しない従業員もありますので健康管理が進まないこともあります。そのようなことをスムーズにするために、アウトソーシングで、健康管理の事務的負担を軽減してみてはいかがでしょうか。

健康診断をしっかりして健康管理をしましょう

企業での健康診断による事務業務は大変な手間です。従業員一人一人のスケジュールに合わせて受診日を組んだり、また年齢や性別によって受診する項目も違ってきます。検診結果によっては要観察や再検査などもあり、健康管理に配慮しなければなりません。検査の内容を見落としたことにより業務中に症状が悪化し、長期離脱ともなると仕事の流れにも支障をきたします。そのような健康診断にかかわる、受診のスケジュールや診断結果などを一手に引き受けてくれるのがアウトソーシングです。健康診断代理業務だけでなく、ストレスチェックや健康管理データなども行っており、アウトソーシングを十二分に活用することにより、従業員が健康で永く勤務できるような体制づくりが可能なのです。健康なくしてはご自分の体はもちろんですが、家族や会社も守ることができません。既往症なども合わせて管理できる体制を作っていきましょう。