過労死や労災認定などの会社と労働者に関するニュースについてよく目にしますが、企業にとって従業員の健康管理はコンプライアンス経営が特に重要視されている昨今では、必要不可欠なものとなっています。また、労働安全衛生法の制定により、人材育成と共に健康管理業務も重要な項目のひとつとなっています。しかし、健康管理業務を行うことが重荷になってしまう企業も少なくありません。雇用形態や勤務地がバラバラの大きな会社になってくると、医療機関の選定や受診日の調整は難しい課題です。そこで最近では、健康診断に関する業務をアウトソーシングする会社が増えてきています。アウトソーシングする影響でコスト削減など様々なメリットもできますが、取り入れる際には、いくつか注意しなければならないこともあります。

健康診断をアウトソーシングすることによるメリット

健康診断をアウトソーシングすると、その専門の代行業者が提携している全国の何千という医療機関から健康診断に関する契約などを対応してもらうことができます。また、健康診断の具体的な項目や内容についても相談することができます。また、健康診断の日程などのスケジュール調整から、健康診断の結果のデータ管理まで一元化することで、作業の効率化につながります。健康管理に関する人材を確保することなく、人事担当などの負担軽減にもつながり、普段の業務に集中することができます。そして、健康診断受診後も、従業員によってアフターフォローが必要とされる場合の確認もスムーズに把握することができます。このようにアウトソーシングすることでうまれるメリットは大きいですが、サービス内容をよく見極めて必要なものを取り入れなければなりません。

会社に合った健康診断のアウトソーシングを選ぼう

健康診断をアウトソーシングすることはとても便利ではありますが、会社の規模や業務内容によって健康診断に対する要望もそれぞれ変わってきます。アウトソーシングしてもらえる専門の業者は、会社ごとの現状やニーズに合わせてプランをたててもらえるので、できるだけ企業の立場に立って最適な提案をしてもらえるところを選ぶと良いでしょう。ただの業務委託という形では、満足できないかもしれません。例えば、従業員の年齢や業務内容などに合わせた健診のコース設定を可能にしてもらえたり、医療機関に健康診断の予約をする際もwebでできたりすると便利です。最近では、ストレスチェックの義務化による、アウトソーシングの必要性も更に高まっています。また、アウトソーシングの実施は、作業の効率化だけでなく、離職率の低下にもつながるということで、きちんと内容を選ぶ必要があります。